神奈川県横浜市港北区日吉本町1-4-19 
日吉進栄ビル2階
東急東横線『日吉』駅 徒歩2
045-566-8732
≫ 初診予約

うつ病

うつ病とは

うつ病

うつ病は気分障害(うつ状態や躁状態が見られる症候群)のひとつで、その中で最も代表的と病気と言われています。これは様々な理由から起きる脳の機能障害になるわけですが、主に精神的もしくは肉体的なストレスが重なるなどして起きると考えられています。
なお発症メカニズムとしては、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンといった気分を調節するとされる物質のバランスが崩れることで発症すると言われていますが、完全に特定されたわけではありません。

なお脳が正常に機能することが困難になると、頭の中が否定的なものの見方に支配されるようになって、自分はなんてダメな人間だと感じてしまうようになります。このような状況になると正常な状態であればなんでもなかったことでもより辛く感じるようになって、悪循環が生じるようになるのです。

主な症状としては、ひどく気分が落ち込む、何事にも興味が持てなくなるといったことがみられ、不眠、頭痛、疲れやすさなど身体症状が多いのも特徴です。やがて全てのことに対して面倒になっていき、日常生活にも支障をきたすようになっていきます。
また、うつ病を発症しやすいタイプとして、真面目、責任感が強い、几帳面といった方が挙げられ、家族にうつ病を発症した方がいる場合もなりやすいと言われています。

うつ病の患者様に
よく見られる症状

  • 悲しく、憂うつな気分や沈んだ気分になる
  • 何事にも興味がわかず、楽しくない
  • 疲れやすく、元気がない(だるい)
  • 気力、意欲、集中力の低下を自覚する(何をするにも億劫と感じる)
  • 寝つきが悪くて、朝早く目がさめる
  • 食欲がわかない
  • 人に会いたくなくなる
  • 夕方より朝方の方が気分、体調が悪い
  • 心配事が頭から離れず、考えが堂々めぐりする
  • 失敗や悲しみ、失望から立ち直れない
  • 自分を責め、自分は価値がないと感じる など

うつ病の要因ですが、先にも触れましたがひとつではありません。発症要因としては、心因性、内因性、身体因性に分けられます。精神的な葛藤や心理的なストレスが起因となって発症するのが心因性うつ病です。
また、体質や遺伝的なことが原因で発症するのが内因性うつ病です。このほか脳や身体の病気(アルツハイマー型認知症、甲状腺機能低下症 など)がきっかけとなって発症するのが身体因性うつ病です。

このように先天的要因や脳の機能的要因といったことが影響して発症するようになるのですが、どの場合にしても大きなストレスが加わった後に発病しやすくなります。

治療について

治療をするにあたって一番重要なのは休養を充分にとることです。そして心身がリラックスできる環境が整ったところで、薬物療法や精神療法といった治療が行われるようになります。

薬物療法では主に抗うつ薬が使用され、抗精神病薬を併用することもあります。主な抗うつ薬として、SSRI、SNRI、NaSSAといったものが使用されます。また併せて精神療法も行っていきます。これは心理的側面から働きかける治療になります。その中でもうつ病の患者様には、認知行動療法を行います。
同療法は、物事の考え方やとらえ方(認知)、また問題となっている行動を見つめ直すという内容になります。これによって自分の陥りやすい思考や感情のパターンを理解し、それをコントロールしていくことでストレスをできるだけ軽減させていくようにします。

診療時間
休診日:月曜、日曜、祝日
△:木曜日午後は14:00~19:30
※:第2土曜日は休診
  日祝
9:30~12:30 ○※
14:00~17:30
診療科目
心療内科、精神科
電話番号
045-566-8732
住所
〒223-0062
神奈川県横浜市港北区日吉本町1-4-19 
日吉進栄ビル2階
最寄駅
東急東横線『日吉』駅 徒歩2分