神奈川県横浜市港北区日吉本町1-4-19 
日吉進栄ビル2階
東急東横線『日吉』駅 徒歩2
045-566-8732
≫ 初診予約

認知症

認知症とは

認知症

認知症とは、正常に働いていた脳の機能が、神経変性疾患(アルツハイマー型認知症、レピー小体型認知症、前頭側頭型認知症 など)、脳血管障害、頭部外傷、感染症などの病気や障害をきっかけに認知機能が低下するようになって、記憶や思考の面においても影響が出ている状態を言います。同疾患を発症すると、記憶力、判断力、認識する(時間や場所・人など)能力などが低下しますので、症状を進行させてしまうとやがて日常生活に支障をきたすようになります。

以下の症状がある場合、認知症の可能性があります(例)

  • もの忘れがひどい
  • 場所や時聞がわからなくなる
  • 人柄が変わってしまった
  • 判断や理解力が低下している
  • 何事にも意欲がみられない
  • 不安感が強い など

もの忘れとの違い

認知症とよく似ている症状にもの忘れがあります。 ちなみにもの忘れとは、加齢による年相応の記憶障害で、いわゆる老化現象です。そのため病気が原因で起こる認知症とは異なります。また、どちらも忘れやすいという特徴がありますが、もの忘れは体験したことの一部を忘れる、また本人がもの忘れをしているという自覚があります。
それに対して、認知症の患者様は体験したこと全てを忘れ、もの忘れをしたという自覚が本人にはありません。例えば、もの忘れの方であれば、朝ご飯を食べたことは覚えているが何を食べたかを忘れているということがあります。
認知症の方では、朝ご飯を食べたこと自体を忘れ、もの忘れをしているという自覚もありません。

ただ上記のような物忘れの見分け方を、本人やご家族が見分けるというのは至難の領域です。そのため先に挙げた症状に心当たりがあるようでしたら1度ご受診されるようにしてください。

検査について

患者様の症状などから認知症が疑われると診断をつけるための検査を行います。主な内容ですが、まず、記憶障害、認知機能障害、日常生活の支障の有無や困難さなどの状態を確認していきます。その後、神経心理学検査(知能、記憶検査 等)もします。このほかにも、医師が必要と判断すれば、頭部CTやMRIといった画像検査、脳波検査、血液検査、脳脊髄液検査なども行っていきます。

認知症の種類について

一口に認知症と言いましても様々な種類があります。その中でも4つの疾患が原因で発症することが多く、全認知症患者様の9割近くの方がこの4大疾患(アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、血管性認知症)が原因で発症していると言われています。そのうち60~70%を占めるのがアルツハイマー型認知症で、さらに20%弱が脳血管型認知症になります。それぞれの特徴は次の通りです。

アルツハイマー型認知症

アミロイドβ などの特殊なたんぱく質が脳内に蓄積され、それによって脳の神経細胞が破壊されて減少、やがて脳の神経が情報をうまく伝えらなくなって発症するのがアルツハイマー型認知症です。神経細胞の減少によって脳は次第に萎縮し、そして脳の指令を受けている身体機能もだんだん失われていきます。
70歳頃から発症しやすくなるとされ、女性の患者数が多いのも特徴です。

脳血管型認知症

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳血管疾患の発症によって、血管が詰まる、あるいは破れるなどして脳細胞に酸素が十分に行きわたらなくなり、そのことによって脳の神経細胞が減少、それに起因して発症する認知症です。

レビー小体型認知症

物事を考える器官でもある脳の大脳皮質や生命活動をつかさどる器官である脳幹にレビー小体(神経細胞にできる特殊なたんぱく質)が多く集まることをきっかけに脳の神経細胞が破壊され減少、それによって発症する認知症です。
初期の頃は幻想やパーキンソン症候群でよく見られる手足の震えや筋肉が硬くなるといった症状が現れます。

前頭側頭型認知症

原因は特定されていませんが、前頭葉と側頭葉の神経細胞が少しずつ破壊されることで発症します。初期症状では、性格変化や異常行動がみられ、そのうち言葉の理解ができなくなるなどの症状が出ます。比較的若い世代の方に発症し、ピック病と呼ばれることもあります。

治療に関して

認知症を完治させる治療法は現時点では存在しません。ただ、早期発見・早期治療が行えれば、病状の進行を遅らせることはできます。その方法としては、主に薬物療法と薬物を用いない非薬物療法があります。なお薬物療法は、認知症のタイプによってそれぞれ治療法は違います。

薬物療法

患者数が最も多いとされるアルツハイマー型認知症では、脳の神経細胞が壊れることで起こる症状(記憶障害や見当識障害など)をできるだけ改善させていきます。
そのため、病気の進行を遅らせる治療薬と、周辺症状(不安、焦り、怒り、興奮、妄想など)を抑える治療薬が用いられます。レビー小体型認知症もアルツハイマー型と同様でパーキンソン症状がある場合は、抗パーキンソン薬が使用されます。

脳血管型認知症は、脳血管障害を再発させることで悪化させてしまいますので「再発予防」に重点を置いた治療になります。そのため脳血管障害の高リスク要因とされる、高血圧、糖尿病、心疾患などをきちんとコントロールしていくほか、脳梗塞を再発させない予防薬を用います。

なお前頭側頭型認知症は、有効な治療法が現時点では確立していません。したがって特徴的な症状がある場合は、対症療法として抗精神薬が使用していきます。

非薬物療法

非薬物療法は、患者様にまだ残っている認知機能や生活能力を薬物に頼らずに高めていく方法になります。つまり同療法で脳を活性化させていきます。
例えば、医師から認知症と診断されても、その時点では患者様ご本人様が行えることはたくさんあります。そのため、ご家庭内でご本人様が活躍できる機会を設ける(洗濯物をたたむ、食器を片付ける 等)などして、ポジィティブに日常生活を過ごせる環境づくりなどを作ることが大切です。

また、昔の出来事を思い出してもらう(回想法)、無理をしない範囲で書き物の音読や書き取り・計算ドリルを行う(認知リハビリテーション)、音楽鑑賞や演奏をする(音楽療法)、花や野菜を育てる(園芸療法)、リアリティ・オリエンテーション(現実見当識訓練:自分と自分のいる環境を正しく理解するための訓練)といった方法のほかにも、ウォーキングなどの有酸素運動(運動療法)、動物と触れ合う(ペット療法)、レクリエーションなども有効です。

診療時間
休診日:月曜、日曜、祝日
△:木曜日午後は14:00~19:30
●:土曜午前は9:30~14:30
※平日18:00、土曜日12:00以降の診療には、時間外加算(150円)がかかります。
  日祝
9:30~13:00
14:30~17:30
診療科目
心療内科、精神科
電話番号
045-566-8732
住所
〒223-0062
神奈川県横浜市港北区日吉本町1-4-19 
日吉進栄ビル2階
最寄駅
東急東横線『日吉』駅 徒歩2分
Page Top