神奈川県横浜市港北区日吉本町1-4-19 
日吉進栄ビル2階
東急東横線『日吉』駅 徒歩2
045-566-8732
≫ 初診予約

発達障害

発達障害とは

発達障害

発達障害は病気ではなく、生まれついての脳機能障害のことで、多くは低年齢の頃から症状がみられるようになります。原因については、完全に特定されたわけではないですが、脳機能が発達していく中で何らかの不安定が生じて起きるのではないかと言われています。
具体的には遺伝的要因が指摘されていますが、他にも、いじめや虐待、社会との関係(学校、地域など、集団生活での社会との関係)などの人間関係、トラウマなどのストレスによる環境要因といったことも挙げられています。

いずれにしても発達にアンバランスさが生じることで、ある特定の領域では非常に優れた能力を発揮する一方、別の領域に関しては極端に不得手になるといったことが見受けられるようになります。

なお人間は発達障害の発症の有無とは関係なく、誰でも得手不得手があります。ただ発達障害がみられるお子さんでは、その不得手な状態というのが日常生活に支障をきたすほどになります。
なお発達障害は、行動や認知の特徴(特性)によって、主に自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害の3つに分けられますが、それらの共通項として脳の認知機能に偏りがみられていることが分かっています。

発達障害3つのタイプ

自閉スペクトラム症(ASD)

これまで自閉症、アスペルガー症候群、特定不能の広汎性発達障害、小児期崩壊性障害と分類されていた各症状をひとまとめにしたのが自閉スペクトラム症です。

同症状の特徴としては、人の気持ちや冗談・比喩が理解できない、興味のあることだけを一方的に話し続ける、表情や目配せといった非言語的なサインを読み取れないといったことがあるので、社会的コミュニケーションや対人関係を築くのが困難と言われています。
また、日課や習慣の変化、予定の変更に対応するのが苦手なほか、特定の物事に強いこだわりがあるので自分の好きなことや興味のある対象には毎日何時間でも熱中できるなど、同一性へのこだわり、興味・関心の狭さというのもあります。

このような特徴は1歳を過ぎた頃から現れはじめ、「人の目を見ることが少ない」「指さしをしない」「他の子どもに無関心」といったことなどがみられます。また保育園や幼稚園に入園後は、一人遊びをすることが多く、集団行動が苦手なため、人との関わり方が独特です。そのため、保護者の方などはこの時点で症状に気づくようになります。

治療に関して

幼児期にASDの治療を行う場合、個別または小集団による療育で、コミュニケーションの発達を促すようにして、適応力を伸ばすようにしていきます。また、療育を経験することで新たな場面に対する不安は減り、集団活動への参加意欲も高まるようになります。
なおASDは完治することはありませんが、睡眠や行動に問題があれば、薬物療法を行うこともあります。また思春期以降になって不安・うつ症状がみられるのであれば、抗不安薬や抗うつ薬を服用することで改善することもあります。

注意欠如・多動性障害(ADHD)

注意欠如・多動性障害は、多動-衝動性(多動-衝動性優勢型)と不注意(不注意優勢型)のほか、上記2つが混合したタイプ(混合型)の症状が現れている場合で、これらは7歳頃までにみられると言われています。ちなみに小学生では多動-衝動性優勢型と不注意優勢型がよく見受けられます。

多動-衝動性優勢型は、落ち着きがない状態のことで、座っていても手足がもじもじしている、席をすぐに離れる、おとなしく遊んでいられない、じっとしていられない、しゃべり過ぎる、順番を待てない、他人の会話やゲームに割り込むなどの行動がみられるのが特徴です。また不注意優勢型とは、うっかりミス(学校の勉強 等)、集中が続かない(遊びでも課題でも)、話しかけられても聞いているように見えない、段取りを組むのが下手、整理整頓が苦手、忘れ物や紛失が多い、気が散りやすい、といったことがみられている状態を言います。

なお成長することで多動症状は見られなくなっていきますが、不注意や衝動性に関しては、青年期までに半数が、成人期までにさらにその半数が続くという傾向にあります。
また思春期以降では、不安・うつ症状を併せて発症させてしまうこともあります。

治療について

幼児期・児童期の治療としては、薬物療法のほか、行動変容の促進、生活環境の調整などが中心となります。なお薬物療法は、完治ではなく症状をコントロールすることが目的となります。主に脳内の神経伝達機能を改善する薬が用いられます。また行動変容の促進や生活環境の調整については、例えば、集中しやすい環境を整備していくことから始めていきます。

学習障害

知的な発達に問題はみられません。ただ、読む・書く・計算するなど、特定の事柄のみが困難で、それによって学業成績や日常生活に支障をきたしている状態を学習障害と言います。

学習障害は、上記の能力が要求される小学校2~4年生頃に成績不振が現れるなどして判明するようになります。それによって、学業に意欲を失っていき、自信をなくしてしまうこともあります。

治療について

お子様に学習障害がみられているのであれば、教育的な支援が必要です。読むことが困難な子であれば、大きな文字で書かれた文章を指でなぞって読む、書くことが困難であれば大きな桝目のノートを使う、計算が困難であれば絵を使って視覚化するなど、苦手な科目に応じて工夫をしたサポートが必要です。

診療時間
休診日:月曜、日曜、祝日
△:木曜日午後は14:00~19:30
※:第2土曜日は休診
  日祝
9:30~12:30 ○※
14:00~17:30
診療科目
心療内科、精神科
電話番号
045-566-8732
住所
〒223-0062
神奈川県横浜市港北区日吉本町1-4-19 
日吉進栄ビル2階
最寄駅
東急東横線『日吉』駅 徒歩2分